クレアールの公務員講座の口コミやメリットを元県庁職員が徹底調査!

公務員講座だけでなく、幅広い資格取得実績に定評のあるクレアール。

  • 公務員講座の評判はどうなの?
  • 通信制で合格できるの?
  • クレアールはどんな人にオススメ?

こんな疑問に、県庁にトップ3の成績で合格したことがある僕が、公務員試験に合格できる講座なのかを徹底調査しました。

みやび

結論としては、クレアールの公務員講座は以下のような人にオススメできます。

  • 効率よく学習したい
  • なるべく費用をかけたくない
  • 通信制が良いけど面接対策をしっかりしてほしい
  • 社会人だけど公務員を目指したい

時間がない社会人や民間の就活を進めている大学生にとって、通信制の老舗であるクレアールを使うメリットはたくさんあると思います。(メリットは記事で解説します。)

また、2021年は引き続きコロナウイルスも流行しており、通学制の予備校には通いづらい状況が続いています。

通学制の良質な生の講義も良いですが、公務員試験は難しい問題の正答率を上げるより、頻出の問題を落とさないことが重要です。

クレアールで体系的かつ効率よく学習し、その時間を面接やグループワークの対策に時間を使うことをお勧めします。

社会人として働きながら公務員を目指す人は、資料請求をするともらえる「公務員転職ハンドブック」を手に入れておくことをオススメします。働きながら公務員を目指すために必見の情報が無料で手に入ります。数量限定ですのでお早めに。

クレアール公式ホームページより

\数量限定/

資料請求方法

①「無料お申し込みはこちら」をクリック

②必要事項を入力

③必要な資料内容にチェック

④送信する

目次

クレアールのメリット5つとは?

効率よく学習できる

まず、体型的かつ重要度の高い問題を中心にテキストが構成されているため、ポイントを非常に効率よく抑えることができます。

僕自身は独学で「2年間」学習し、ようやく合格しましたが、それまでに買ったテキストは多分50冊は超えていました。

みやび

とにかく勉強量をこなせばなんとかなる公務員試験の筆記ですが、今思えばかなり遠回りしたなと思います。

その点、クレアールは通信制の老舗ということもあり、長年の実績からテキストは的を絞った内容になっています。

正直、「全ての教科で8割以上を狙いたい」人には向いていません。そんな人は「スー過去」などの問題集で網羅的に学習することをお勧めします。

しかし、6割から7割で筆記試験は合格できるため、クレアールの教材は効率よく学習したいという人には向いています。

他の予備校と比較して費用が安い

クレアールTAC大原
地方上級

(合格目標1年以内)

20万円程度35万円程度35万円程度

受講料が安いこともおすすめのポイントです。

受験する職種や合格を目指す期間などでかなり細かな設定がありますが、他の通学制と比べて概ね10万円程度安くなっています。

これだけ安いと大丈夫なの

と心配になりますが、校舎を持たない通信制であるため、人件費やオフィス代などがかからない分、受講生に還元できているのだと思います。

独学だと不安、でもあまりお金をかけたくないという人はクレアールをおすすめします。

通信制でも二次試験(面接、小論文等)対策が充実している

通信制であるクレアールですが、二次試験以降の対策(面接対策)の重要性を認識しており、入学直後から面接対策を実施してくれます。

予備校の中には、筆記試験合格後しか面接対策を行わないところもある中、

  • 模擬面接(無制限、水道橋校のみ)
  • エントリーシート添削(無制限)
  • 小論文添削(無制限)

というふうに、二次試験対策も充実しています。

公務員試験の落とし穴の一つに、「筆記さえ受かれば大丈夫」という思い込みがあります。(僕の公務員受験一年目です)

幅広い筆記の範囲をこなすのに精一杯で、二次試験対策を怠ると痛い目にあうこともあります。

1年以内の公務員合格を目指すなら、早い段階から二次試験対策を行う予備校を選ぶことをおすすめします。

スマホやタブレットで見られる動画講義が充実

テキストによる学習だけでなく、動画講義がかなり充実していることも魅力です。

通勤中や家事の合間などに流し聞きすることで、効率よく学習が進みます。

例えば通勤中にインプットし、仕事から帰ったら問題を解くといった方法がとれますね。倍速再生にも対応しており、隙間時間を利用して学習したい社会人などにとって、大きなメリットになります。

動画講義のサンプルも無料で請求できるので、気になる方は請求してみましょう。

公務員講座 無料サンプル講義を請求してみる

通信制でも担任がつくので安心

「通信制だと結局独学と変わらないのでは?」と思う方も、クレアールには担任がつくので安心です。

合格者の口コミにもありますが、公務員試験は長丁場になりますので、勉強の進め方や二次試験対策にフォローを得られるのは心強いです。

一番良かったところは、先生方がどんな些細な相談にも乗ってくださり、受験に対する不安を拭ってくださったことです。私は、社会人経験者枠での受験を考えていたため、職務経験論文の対策なども必要でした。何度も添削をお願いしましたが、嫌な顔一つせず親身になってアドバイスをいただけました。

クレアール公式サイト 合格体験記より

\数量限定/

クレアールのデメリットは?

内見

(地方在住の場合)模擬面接が水道橋校舎でしか受けられません。

実践形式がないので自分で面接対策をするしかないのは正直痛いです。

ただし、電話面接やエントリーシートの添削は無制限に受けられます。

社会人経験者は、これまで就活や実際の仕事経験がありますので面接対策は不要といった意見もありますが、それでかえって足をすくわれないように気をつけましょう。(僕はすくわれた人間です)

自分で対策をするとすれば、

  • 自撮りで挙動やしゃべりを確認
  • ジョブカフェを利用する
  • ハローワークの面接練習を利用する大学生なら民間の面接を受ける

などが考えられます。

日頃から新聞や雑誌等で時事対策を行うことも重要です。

クレアールの口コミ・評判は?

クレアールの公式サイトから、合格者の声を抜粋しました。

働きながらの受験になるので、通信講座での勉強を考えていました。そのなかでいくつか予備校のパンフレットを請求し、経験者採用でもきちんとした講座のあるクレアールに相談にいきました。 その際に、親身に相談に乗ってくれたことや通信講座なのに面接対策や相談をメールでも校舎でも何度でもできること、手ごろな費用であることが決め手でした。

クレアール公式サイト 合格体験記より

講座について、PC・タブレット・スマートフォンのどのデバイスでも見ることができたので、隙間時間に効率よく勉強を進めることができました。 必要な科目に絞って受講することができたので、これも時間や費用が無駄にならずに良かったです。 サポートに関しては、勉強の仕方や不安に思うことについて、いつでもメールで質問をすることができ、心強く感じました。さらに、提出する書類や論文の添削を何度もしていただき、模擬面接でも有用なアドバイスをもらえたところがよかったです。

クレアール公式サイト 合格体験記より

ネットによる教材配信や倍速再生など、あまり時間をとれない環境でも自分の都合のよい時間に効率よく受講できるシステムが構築されていることが最大のメリットでした。また、音声データや講義資料などはあらかじめダウンロードしておけばスマートフォンなどのモバイル端末でも活用でき、通勤時間も活用して学習できました。また、通信制でありながら、担当の先生がついてくれるシステムとなっており、些細な事でもメールなり電話なりで答えてくれます。大したことのない質問なのに、長々とお返事を書いて頂き、こちらが恐縮することも多々ありました。担任制は非常に手厚く心強いものです。

クレアール公式サイト 合格体験記より

みやび

通信制にも関わらず担任がつくことで、手厚いフォローがあったことが合格につながっていますね。動画やカリキュラムも充実しており、時間のない方にはとても心強いのではないでしょうか。 

\数量限定/

クレアールの口コミやメリットまとめ

クレアールの公務員講座のメリットをまとめると、以下のとおりです。

  • 効率よく学習できる
  • 他の予備校と比較して費用が安い
  • 通信制でも二次試験対策は充実している
  • 動画講義が充実
  • 担任制なので様々な疑問や不安を相談できる

社会人で働きながら公務員を目指す人や、民間と併願しており、時間のない人にとってはとても使える講座なのではないでしょうか。

僕も色々と調査してみて、受験当時、最初から予備校を利用してれば1年目での合格もあり得たかなと思いました。

気になった方はとりあえず資料請求してみることをおすすめします。社会人の方は数量限定の「公務員転職ハンドブック」の請求もお忘れなく。

\数量限定/

資料請求方法

①上記リンクから「カテゴリーを選択」して請求したい項目を選択

②必要事項を入力

③必要な資料内容にチェック

④送信する

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

民間企業で営業マンとして3年間勤務した後地元の県庁へ転職。行政事務として約10年間「土木」「環境」「保健福祉」業務に従事。働きながら公務員に合格した経験から、公務員を目指す社会人の方へ向けた情報発信を行っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる